食育

子どもの体作りに欠かせないたんぱく質

  • LINEで送る
Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

食品分類の栄養素について

5大栄養素のようにどの食品にも必ず栄養素があります。よくたんぱく質を取りたいなら乳製品や大豆製品を摂取すると良いと言いますが、他にもビタミン・ミネラルなども含まれています。ではなぜ、5大栄養素に基づいて食品が分類されているのでしょうか。

食品は多く含む栄養素で分類

たんぱく質を例にとりましたが、ビタミン・ミネラルや炭水化物なども一緒です。野菜や果物にも含まれていますが、その食品中で一番含有量が多い栄養素毎に分類されています。米や小麦製品にもたんぱく質は含まれています。しかし、栄養素毎の含有量を調べていくと、炭水化物が多いため、分類上は「エネルギー源になる食品」となります。
その為、アレルギー表示にある「そば」や「小麦が」アレルギー品目として表示されています。
「アレルギーについて」お記事でもお話ししましたがアレルギーとは固有の「アレルゲン」となるたんぱく質の構造に反応して症状が現れます。

たんぱく質は量よりも構造に注意する

例えば、卵アレルギー。鶏卵によりアレルギー症状は出ますが、ニワトリを使った鶏肉料理ではアレルギー症状は出ません。なぜならばニワトリの筋肉のたんぱく質の構造と人間の筋肉のたんぱく質の構造は似ている為だからです。
逆にたんぱく質の構造が全く違うキウイなどはアレルギーを起こしやすいのです。

たんぱく質源の食品は主に以下の5つがあります。

大豆製品

代表的なのは豆腐や納豆。植物性のたんぱく質で、栄養価が高く、吸収効率が最も良いです。

DHAやEPAなど体に必要な脂肪酸が豊富に含まれています。

吸収率の良いヘム鉄が含まれており、貧血予防にもなります。

乳製品

牛乳やヨーグルトなど手軽に摂取でき、カルシウムも多く含まれています。

たんぱく質も豊富でその他の栄養価も高い食品ですが、アレルギーになりやすい食品でもあるので与えるには注意が必要です。

 

 

 

 

 

以下にたんぱく質の含有量が食品を多いものから順にまとめました。

PDF形式のファイルなのでダウンロードしてご覧ください。

ダウンロードはこちらから

※ダウンロードには無料会員登録が必要です。ログインした状態でリンクをクリックするとダウンロードされます。詳細はこちらに載っています。

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

  • LINEで送る

幼児食相談会

幼児食相談会

自分の子どもの健康ってどうなの?
栄養はバランスよくとれているのかな?
そんな悩みを抱えている主婦の方はたくさんいらっしゃるかと思います!
実際に自分は幼稚園と保育園で5年間働いていたとき、保護者の方から、給食の栄養バランス、箸やフォーク、スプーンの使い方等食事についての相談はよく受けてました。
そのときに幼児食のことをもっと知りたく、幼児食インストラクターという資格を取得しました!
現在は食育のアドバイザーとして、日、月曜日に神奈川県内を回っています!
相談料は交通費込みで、1,000円。場所は主に相談者の希望に合わせて近くの喫茶店やファミレスで行なっています。

相談後にLINE@のアカウントを登録していただくと、更に100円引きになります!
この機会に一緒に悩みを解決していきましょう!
自分は一人でも多くの子どもが健康に成長していくのを望んでおります!
ご興味のある方は是非一度ご連絡ください。

予約はこちら

<スポンサードリンク>

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。